緑区でスイミングスクールの習い事。辞める続ける何が正解なんだろう?

4歳保育園児。初めての習い事はスイミングスクール

主人が小さい頃から習ってたこともあり、自分の身は自分で守れるようにと緑区にあるスポーツジムのスイミングを習うことに。

周りのお友達が習い事を始めていくようになり、娘も「習い事」とゆう事に興味を持ち始めたのですが…。

スイミングスクールで子どもが辛い気持ちになるなんて。

私が泳げないとゆうこともあり、娘には泳げるようになってもらいたいなとゆう軽い気持ちから娘にスイミングスクールを勧めてみました。

習い事に興味を持ち始めていた娘はあっさりと、「プール!?習いたーい!」と大喜びでした。娘は家庭でするようなプールしか見たことがありません。

スクールの大きなプールを見て動揺しないか心配でした。

スイミング初日、娘は大きなプールを見て大興奮でした。

コーチも優しくて同じ年ぐらいの子がたくさんいて楽しかったようでこれなら大丈夫と私も安心していました。

それから週に1度スイミングに通うようになり、段々慣れてきた頃にテストがありました。

テストに合格すると進級するのですが、娘はなかなか進級することができずよく落ち込んでいました。

そして段々とスイミングに行くことを嫌がり、玄関先で泣いて入ろうとせず引き返すこともありました。

曜日の感覚がわかってきているのか、スイミングの日になると「行きたくない。」「プール嫌い。」と自分から言うようになりました。

このまま続けていいものか私も悩みました。

娘の気持ちを尊重するべきか、このまま続けさせるか。

嫌がる娘を無理に連れて行くのは親のエゴなんじゃないか。

習い事は他にもある。スイミングじゃなくてもいいのではないか。

泣く娘を見てとても悩みました。

でも私は1つの事を続ける事、頑張った後の達成感を娘に知ってもらいたくて続けさせることを選びました。コーチには娘の今の気持ちを伝えました。

ロビーで泣いて行きたがらない時はロビーまで来てくれて連れていってくれたり、進級できないことが嫌ならあえてテストはしないとゆう策をとってくれたりと娘の気持ちに寄り添ってくれました。

すると娘はテストとゆうプレッシャーから解放されたのか、だんだん泣くことも減りプールを楽しむようになりできる事も増えていきました。

今ではテストも復活し、進級できなかった時はお風呂で練習してみたり、そして合格した時は全力で喜んでいたり。

まだまだプレッシャーには弱いですが、自分に勝った時の喜びを知ったと思うので諦めなくて良かったなと今では思います。

スイミングスクールを辞めるのは簡単

諦めるのは簡単です。親も子供も。でも、1つの事を続ける大変さ、諦めない気持ち、頑張ったあとに待っている喜びを子供には知ってほしくて今も頑張っています。

嫌がって泣く子供を見るのは辛いですが、うまくできた後の喜びや達成感は子供の自信にも繋がると思うし将来の娘のためにもなるのではないかと思っています。

いつも泣いてた日々から今では少しずつ笑顔の日々になってきました。

名古屋市緑区の小学生に人気の習い事

関連記事