天白区で評判の良い先生のピアノ教室をみつけたので習わせてみた

私は、子供の頃にピアノを習いたくて、何度も両親を説得しましたが、「すぐ飽きるだろうから」と。

そして、今みたいに安く電子ピアノが購入できる時代でもなかったので、買うならピアノを買って家で練習するというのが、当時の私の周りにいたピアノ教室に習っている子達のスタイルでした。

「飽きた時、買ったピアノはどうするの?」という事もあり、ピアノ教室には通う事ができませんでした。

ママが子どもの頃に習いたかったピアノ教室

ピアノ教室に通えなかった私も大人になり結婚し、長男、長女と授かりました。

男の子には、ピアノはとはあまり思ってもなくて、長女が4歳になった時、そしてちょうど先輩ママさん達の情報で、天白区原駅近くに個人教室で凄くよく見てもらえ、人気の先生が居ると聞き、

詳しく話を聞いていると、家からほんの数件隣の個人宅でピアノ教室をさせてると知り、早速問い合わせをし、

私の念願でもあったけど、通うのは娘だし本人の意思の確認をと思って確認した所、本人も通う気満々で、ピアノ教室に娘を通わせる事となりました。

ピアノは家には、まだ通わせ始めた時点では購入していなくて、私の両親じゃないけど、ピアノを買ったものの、「やめる!弾かない」となってしまったらピアノ購入が無駄になってしまうので、

なかなかすぐにピアノを買うように段取りしずらかったけど、「家でも練習したい」という娘の言葉をきっかけに、電子ピアノを購入しました。

名古屋市で評判の良い子どものお稽古

まさかの息子までピアノを弾く

4歳から通い始めた娘も小学校高学年に。家でもピアノを練習する娘を見ていた、中学の兄が、何をどう思ったのか、学校での歌の発表会でピアノの伴奏を立候補で決めて選ばれるという、恐ろしい出来事が。

兄は、「俺は本気だ!完璧に弾く!」と、とんでもなくやる気満々。大慌てで、娘のピアノの先生に連絡し事情を話しすると「息子さんがやる気なら、私もしっかり仕上げさせます。

大丈夫です」と熱い言葉をもらい。

息子というと、「ドは、どこ?」というそこからスタートだったものの、不思議と楽譜がスラスラ読め、先生の的確なアドバイスと練習量のおかげで無事に発表会で伴奏を終える事ができ、

もうここに来るまで毎日生きた心地がしなかったのと、息子の度胸と先生への感謝とで、涙が止まりませんでした。

兄弟3人でピアノ教室に通う

長男と長女のピアノの練習する姿、人前で演奏する姿を、年の離れたまだ娘のピアノの習いはじめた4歳に満たいない次女が、見ていました。

自然と次女も「私もピアノを習いたい」「お兄ちゃんやお姉ちゃんのようにピアノが弾けるようになりたい」と言うようになりました。

そして、中学になるとともにピアノを卒業する長女のピアノ教室の時間帯に、そのまま次女が入り次女も4歳からピアノを習うようになりました。

スムーズにピアノを習う事ができ、家でも嫌がらずしっかり練習する次女は、みるみる上達もしましたが、何より次女も兄と同じでしっかり楽譜の読める子で、ひらがなは読めないのに楽譜は読めるという、おかしな保育園児になっていました。

ピアノ習ってよかった

中学でピアノを卒業した娘に、「ピアノを10年間習ったことはどう思う?」と聞くと、「ピアノ習って良かったし、しんどい時もあったけど、続ける事が出来たのは本当に良かった」と、大人な回答をもらい、

そして、その時に「実はね」と、なんで娘ににピアノ教室へ通わせたのかというわたしの子供の頃のエピソードを伝えると、「なにそれー」と大笑いさせてしまいました。

名古屋市天白区にはピアノ教室がたくさんあります。

特に、植田駅・原駅のあたりにいっぱいありますよ。

⇒名古屋市天白区の子どもに人気爆発のプログラミング教室

関連記事