名古屋に引っ越してきてサッカー教室に通い始めまためど辞めたいって…

小学校1年生の時にサッカー教室に行きたい、言い出した。

クラスのお友達が習っていて、幼稚園の年長さんの時に名古屋に引っ越してきて、友達と仲良くしているのか、私自身も知り合いが居てないので、試しに体験させてみた。

楽しい。と言うので習わせてみた。

サッカー教室を辞めたい。

子どもが物事を始める前に、どうしてそれをしたいのかよくよく考えて行動することを伝えています。親としては、子どもがしたいことは何でもさせてあげたい気持ちは誰もが同じだと思います。私達夫婦は必ず、最後までやり抜く事。中途半端な辞め方はさせられない。と、いう事は子どもに必ず伝えています。それは親が一生懸命に働いたお金で払っているから。無料ではない事、どれだけお金がかかるのか子どもに伝えます。例えば小学生ならジュースが何本買えるか。とか子どもにわかりやすく伝えます。それでも習いたいのであれば習ってもいいけど、最低でも6年間はやり抜くこと。を伝えました。子どもはその時は習いたい一心でその約束を守る。と言いました。

最後までサッカーをやり抜くと、約束したでしょ。

案の定3年生くらいにサッカー教室辞めたいと言い始めました。プレーが思うようにできないのが理由でした。始めるにあたって約束した事を伝えました。

夫にも相談しましたが、やはり最後までやり抜くこと。が習う条件だった事を伝えました。本人はそれでも辞めたいと思っていて、今度はサッカー教室の監督に相談しました。

子どもの思い、親の考えを伝えました。監督はポジションの変更を試してくださいました。そうすると子どもからまた『サッカーが楽しくなってきた。』と言い出しました。試合全体が見られるから楽しい。

と、私達夫婦はサッカー経験者ではないので、ダメとしか言えないけれども、経験者の監督に相談するのも良いスパイスになるものだと思いました。今高校1年生ですが、今もサッカーしています。

習い事は継続することが大事

子どもの意志は尊重しなければいけないと思うけれども、最後までやり抜くこと。は、生きていくうちでとても大事な事だと思います。

親が子どもに気をつかうのではなく、最後までやり抜く。それを親が温かく見届け、出来たら必ず褒める事が必要だと思います。

子どもも親に見守られている安心感もあり、のびのびと活動できるのではないでしょうか。

関連記事