転勤族です。名古屋の先生は指導が厳しいと思う

子の教育会館について思う事を述べたいと思います。

私の子は妻の要望から私立幼稚園では英語クラスに入り、終日ネイティブのもとで生活し、他にも学習塾やバレエなどを習わせていました。ただ、今思うと自分達の思い通りに子供は成長しないし、継続できるか否か、必要性についてよく検討すべきかと思います。

関東と名古屋市の先生の指導の違い

関東と名古屋市では、先生の指導方法に明らかな違いがあると感じました。

関東では、褒めて伸ばそう、あるいは辞めてもらっては困るという考え方のためか、どちらかというと優しい先生方が多くて、子供も喜んでいました。

習字について、子供が幼稚園の頃、関東では最優秀作品に選ばれて表彰されたこともありましたが、名古屋市に越してきたときに、やめてしまいました。

理由は子供から辞めたいと言われたからです。理由を聞くと、先生がよく怒るから怖いとのことでした。習字自体を嫌いになってもらっても困るし、月謝を節約したいという考えもあったので、やめさせました。

夏休みの宿題で習字が有ると書かせるのですが、やっぱり人並みよりは綺麗でした。子供ってある意味、本当に天才なのだと思いました。

また、良い先生と環境があれば、続けさせてあげたいと思っています。

周辺の親についてのトラブル

関東では、バレエをさせていました。娘も年下の子たちと一緒に楽しそうに踊っていたので、それはそれで良しと思っていました。

ただ、発表会に参加すると、とても参加費が高く、数万円もしたので、とても出せませんでした。

名古屋市に越してきて、近傍の大きなショッピングモールにあるバレエ教室を訪れたのですが、なかなか審査が厳しく、そこそこやれていたのに、小学生クラスに入れてもらえず、子供もつまらなさそうにしていました。

また、本当に嫌だったのは、周りの保護者の方々の雰囲気でした。保護者の派閥のようなものがあり、新参者の我々は、あまり、受け入れられるような雰囲気がありませんでした。

いつも座る場所も決まっているようで、とても排他的な感じを受けました。結局、妻が馴染めず体験までで終わらせてしまいました。

習い事に拘束される時間について

妻の意向で運動から学習塾まで、分刻みでスケジュールを組んでいたのですが、小学生低学年から組んでも、子供は親から嫌われたくないので嫌だとは言いません。

どんなに厳しくても付いてきます。

そうすると、親の心理としてはあれもこれもやらなきゃと思ってしまいますが、これだと経済的にも苦しいですし、時間がかなり拘束されるので、精神的に追い詰められます。

これは思った以上に負担です。

ある意味、子供の興味のあるものを厳選して継続させた方が、親子のためになると思います。特に幼稚園や小学校の頃は、子供は親に見てもらえるだけで安心するところがあるので、まずは、学校の宿題をしっかり見てあげるだけでもいいと思います。

中学校に進学すると、部活や受験が本格化するので、親子が共有する時間は少なくなってしまいます。

幼児教育や小学生の頃から、学習をすれば成績という効果は目に見えます。ただ、自己肯定感を育てるのが一番大事だと思います。

名古屋市の子どもの習い事

これから学ばせようと悩んでいる方には、やはり、読み書き計算は、押さえておいた方が良いかと思います。

運動系については、その子にやる気と才能があれば、投資する価値はあると思います。

ただ、運動に関して凡才な我が子は趣味程度で終わってしまうのだろうと思います。

何よりも大学を出ないとこれからの社会では弱者に立つ可能性が高いのですから、しっかりと子供と向き合っていく事が一番大切だと思います。

名古屋市の主婦は堅実なのでお金をかけたがらない人が多いのには驚きました。

https://ロボット教室.xyz/chikusa.html/

名古屋市の子どもに人気がある習い事。

 

関連記事